家族葬に参加する人とは?

故人の希望や、大切な家族との最後の時間を大切にしたいとの想いから家族葬が注目されています。しかし家族葬の疑問点はどこまで葬儀に参加するべきなのかということです。今回は、家族葬の参加者についてご紹介します。

まず、家族葬に参加する基準は特に決まっていないということです。親しい人でお別れをするので誰が参加しても構いません。しかし、親しい人という点が少し難しく、親戚の中でも呼ぶ人と、呼ばない人を選別しなければいけなくなります。故人との関係を思い出し、お世話になった人や生前親しくしていた人であれば呼ぶできでしょう。そして呼ばない人には後でトラブルになることを避けるため、何故葬儀に呼ばないのかをきちんと説明する必要があります。亡くなったことすら知らされていなかった場合や、葬儀に参加することができなかったことでトラブルになってしまうことが多くあるため注意が必要です。参加しない人には家族だけで静かに送りたいことを伝えお断りするようにします。

会社関係の人については、家族葬であることを伝え不要な気遣いをお断りするようにします。そうすることで香典返しなどを行う必要もなく沢山の時間や費用を使うことがなくなります。ご近所の人は地域性なども考え、参加する家族でどのようにするかよく相談するようにしましょう。参加者で迷った時は最後のお別れになるので呼んだ方が後悔することもないのでおすすめとなっています。

マナーとして家族葬の案内がなかった人については葬儀に参加することを控えるべきです。家族葬は家族で誰に参加してもらうべきなのかを自分たちで決めることができる点が一般的な葬儀との違いになっています。