家族葬のマナー

一般的な葬儀とは違い、家族のみの少人数で行う家族葬では自由スタイルからマナーがないのではないかと勘違いしている人がいます。しかし、家族葬でもきちんとマナーがありそのマナーを知らないと故人や家族に対して失礼にあたるためとても重要なこととなっています。そこで家族葬のマナーについてご紹介します。

家族葬だからと言って、葬儀の基本的な流れは一般的な葬儀とあまり変わりがありません。きちんとお通夜や告別式などがあります。ある程度決まった形の中で自由にできる部分があると思った方がいいです。例えば服装ですが、一般的な葬儀の場合喪主は和装やモーニングを着用しますが、家族葬の場合は略礼服を着用しても構いません。参加される人たちと同じ服装でも問題がないということになります。ただし、参加者でも黒のスーツなど礼服以外の物を着用することはマナー違反です。

そして家族だからと言って香典などのお返しをしないこともマナー違反になりますので気を付けるようにしましょう。いくら家族でもきちんとしなければいけない部分もあります。葬儀の後も円満な関係を築いていくためにはこのような配慮も大切になります。もちろん後日焼香に来られた方などから香典をいただいた場合にも香典返しはその都度必要になります。一般的な葬儀の時に会場で渡す会装返礼品などは家族葬の場合、香典返しに含むことができるため用意する必要がないケースもあります。どのようにするかよく相談し、決めるようにしましょう。

このように家族葬でもある程度のマナーが決まっています。知らなかったとトラブルになることを防ぐために、気を付けるようにしましょう。