家族葬の注意点

故人の意思や家族の希望などにより家族葬を選択する人が増えてきています。しかし一般的な葬儀とは違い、親しい人のみで葬儀を行うために注意しなければいけない点が多くあります。そこで家族葬の注意点についてご説明します。

家族葬は誰でも参加するわけではなく、故人と親しい間柄だった人のみで行うため参加してもらう人を限定しなくてはいけません。亡くなったことを知らせず、事後報告した場合もっと早く知りたかった、どうして教えてくれなかったのかということを言われることもあります。家族葬を行う時は行う理由などをしっかりと説明し、相手に納得してもらえるようにしましょう。

また、お焼香、お香典、お供物について事前に辞退することを伝える必要があります。参加しない人はどこまで関わるべきなのかとても迷ってしまいます。あらかじめ喪主又はその家族が辞退することを伝えることで相手に迷惑をかけずに済ますことができます。会社などの付き合いがある場合も家族葬を行う理由を説明し、しっかり連絡するようにしましょう。家族葬にも関わらず香典などを頂いた場合には香典返しが必要になりますので、その用意も忘れずにすることが大切です。そして、家族葬の場合葬儀に参加しなかった人が自宅などへ後日焼香に訪れることが多くなります。その対応などについてもしっかり家族などで相談しておくと慌てずに済みます。

家族葬はゆっくりと家族だけでお別れができる反面、参加できなかった人に対しての配慮がとても大切になってきます。最後のお別れに参加できなかった人たちのことも考え、家族葬を行う理由など丁寧に対応するようにしましょう。